しし肉の塩釜
b0018976_21493352.gif作り方
1.猪しし肉に塩粗挽きコショーをまぶし、タコ糸で形をととのえてしばります。
2.5ミリ厚さに切ったニンニクとベイリーフをタコ糸のところどころにはさみます。
3.粗塩をボウルに入れ、卵白を加えてクリーム状になるまで混ぜ合わせます。
4.オーブン皿に(2)を置き、(3)の塩を全体にまぶしつけ予熱しておいたオーブンで焼きます。(200度で約40分)
5.(4)の粗熱がとれてから塩釜を割り、肉を取り出して 食べやすく切り分ける。
6.りんごジャムに白ワインを加えて少し煮詰め、ソースを作る。
b0018976_21513856.gifb0018976_21501561.gif








感想です。
思いのほかおいしかった!全然臭くないです。ただし、やはり硬かった(ビーフジャーキーより少し柔らかい感じ)、もう少し薄く切ればいいかもしれません。
次回はぼたん鍋に挑戦です。
# by alpona | 2004-10-12 21:35 | Diary
いのししの肉
実りの秋は狩猟のシーズンでもあるのでしょうか?昨夜主人の知り合いの方からしし肉をいただきました。男性は喜ぶのでしょうが、正直私は…??です。
法事で見かけるピンクの水玉のビニール風呂敷に包んであってずっしりと重く、3キロくらいはありそうです。
いったいどう料理すればいいのやら…これまでの私だったら途方にくれるところですが、今ではインターネットで検索すれば大抵のことは教えてくれます。
「いのしし肉の塩釜」というのがありました。この料理は以前テレビのグルメ番組で見たことがあるんです。同量くらいの荒塩を卵白で練って固まり肉をすっぽり包みオーブンで焼くというものです。そのあと、塩を割って中の肉を取り出します。これなら私もワクワクして料理できそうです。あんまり大きいので、小袋に分けて取り合えず冷凍しました、近いうちにやってみましょう。
# by alpona | 2004-10-07 22:19 | Diary
とんぼ玉館
b0018976_235386.jpgショッピングは旅の楽しみ。中でも雑貨には心惹かれます。草木染やイグサ製品、ちりめん細工など楽しそうなお店がいろいろあります。…がこのお店には母と娘の意見が一致、早速材料を品定めです。








b0018976_2317284.jpg手芸というほどのことはありませんね、買って来たとんぼ玉を好きな配色で紐に通すだけで携帯ストラップの出来上がり。ピンクのは渋好みの娘のです。
# by alpona | 2004-10-03 23:28 | Diary