カテゴリ:dekigoto( 16 )
手術室
昨日の手術から一夜開けました。
初めての手術室にたくさんのかたが私を笑顔で迎えてくれました。こんなにちやほやと大事にしてくれたのは遠い昔の結婚式以来だと1人おかしくなりました。が、しかし今回は「大丈夫ですよー、がんばりましょうねー」の声かけに覚悟を決めました。
ひんやりと冷たいイメージが怖かったのですが、思いもよらず手術台はふわーーとあったかくて救われました。
記憶があるのはほんの数分、うつらうつらとどうでもよいような夢を見続けていたのは確かだ…「終わりましたよー」の声に目が覚めたのですが、2時間の手術中に私の記憶はほんの数分、うっそ~~て感じで終わりました。
by alpona | 2011-12-29 09:54 | dekigoto
転倒、骨折、手術
12月11日夕方、仕事の帰りに足元がよろけて転倒両手に荷物を持っていたため顔を思いっきりコンクリートに激突させてしまいました。
頬骨のところの細い骨が二ヵ所小さく折れているとのことで時間をかければこのまま治るのかと辛抱していたのですが、この年末も押し迫った明日手術となってしまいました。
エイッもうこうなったらまな板の上の鯉だ(;_;)
今夜は寝よう。
by alpona | 2011-12-27 21:36 | dekigoto
震災義捐金
b0018976_23243345.jpg
b0018976_23245162.jpg
b0018976_23251010.jpg

3月11日夕方地震と津波発生を知ってからというもの 食事の支度もそこそこに普段あまり見ないテレビにかじりついています。新聞を読む時間も増えました。
ここにきて放射能の影響がついに野菜や飲料水にまで及ぶようになってきて不安は日に日に増すばかり。
私たちに今出来ることは節電と募金と心がけていたところ今日行った三重町のスーパーで高校生らしき若者10人くらいが募金を呼びかけています。
心ばかりのコインをチャリンと入れて20分ほど買い物をして外に出てみると あれ?もういない。
制服を着ていたのでてっきり高校生と思い込んでいましたが、帰ってから写真をよく見ると大人です。男性の左手に指輪が光っています。なんだったんだろうなぁあの集団は、、、

災害の影響 こんなところにも
家に帰りつき玄関に細長い段ボールを発見「スイートピー」と読める。
「どうしたの?」と聞くと今回の災害で東京の市場に出荷する予定だった花が「それどころではない」とのことで200ケースも余ったのだそう。生産地救済のためJAの担当者からの要請でみなで手分けして買って帰ったとのことです。ピンクと紫それぞれ50本ずつ、合計100本のスイートピーを初めて手にしました。
野菜なら大歓迎なのでしょう。
by alpona | 2011-03-23 23:42 | dekigoto
在宅ホスピス
「ホスピス」という施設(病院)があることは知っていましたが、自宅で、残された日々を生きたい、そう思う人を医療面で支えるという方法があることを今年の五月、身内から初めて聞きました。
奈良県では在宅ホスピスの取り組みが全国一進んでいるとのことです。
ホームホスピス ひばりクリニック」の杉山先生 訪問看護や訪問介護の方々のサポートを受けながら、住み慣れた家で家族と過ごした義弟の様子が8月17日讀賣新聞 奈良県版に掲載されました。

掲載された記事
飼っている室内犬「よもちゃん」はいつもそばで見守っていたし、今年の夏は9歳の孫にローマ字入力を教えたりと、自宅ならではの生活がこころを落ち着かせてくれたようです。
b0018976_17475812.jpg

by alpona | 2010-08-30 14:13 | dekigoto
母の日
b0018976_21595467.jpg

夕方、玄関のチャイムがなったので何気に出てみると宅急便のお兄さんが白い大きな箱を持って立っている。重くはなさそうだし大き目な真四角の見かけからすぐにピンときた!!
「ドライバーの方へ 大切なプレゼントのお花が入っています」との赤い文字が見える。
次に送り状を見てオ。ド。ロ。イ。タ。末っ子の長男の名前だった。
取り出しやすいように工夫されたパッケージから出てきたのはなんともお洒落なアレンジメントフラワー。
そばで見ていた主人もきっと同じ気持ちだっただろう、この数年間のいろいろを思い出し思わず心が震えてしまった。
by alpona | 2010-05-08 22:32 | dekigoto
門出
キンコーーン、カンコーーン
たった今、式を終えたばかりの二人が鳴らす鐘の音が心地よく響きます。
by alpona | 2010-03-21 23:16 | dekigoto
ウェディングフェア
ウェディングに関するものはどれも愛らしく、夢があります。
b0018976_15213173.jpg

b0018976_15215565.jpg

b0018976_15221944.jpg

b0018976_1523124.jpg

b0018976_1523567.jpg

by alpona | 2010-01-27 15:24 | dekigoto
幸運
b0018976_9433067.jpg

ユニクロです、売場の天井付近に60周年記念「1万円が10万名に当たる、10億円還元キャンペーン」との吊り広告を目にしていたけど(自分には関係のない話)の意識すらなく、フリースを買ってレジに並びました。
店員さんが「5000円以上お買い上げのお客様にチャンスカードを差し上げております、これをめくっていただいていいですか?」と赤い小さなカードを差し出します。
はいはいと云われるままにそれをはがすとアタリの3文字がw(゚o゚)w 。
1万円のことなどまるで意識がない私は粗品でもくれるのかな、、、くらいな気持ちでした。ところが店員さんはニコニコして大きな声で「おめでとうございます!!」「1万円が当たりました!!」そしてマイクに向かい別の店員さんを呼びます。
あらまぁ、大変なことになりました。1万円といえどこんなことは初めてです。
昨日の今日です、まだ運気は残っているかもしれません宝くじ買っちゃおうかな?
by alpona | 2009-11-26 09:39 | dekigoto
玉ねぎ植え


「今年は玉ねぎを植えたい!」と思い立ち 先週から整地して肥料をすき込み、苗を買って準備していました。
予定日の昨日水曜日は心配されたお天気は上々。200本は一人では不安なので主人を誘い(巻き込み?)、今年は母はそばで見学兼監督です。
インターネットでイメージをつかみ、さらに近所の野菜作りの上手なsさんのアドバイスもあって我ながらよくできたと思うのですが、、、右も左もわからないままに始めた玉ねぎ作り、来年の収穫はあまり期待はできないとの母の意見です。
それでも、思わず二人で「楽しいなあ!」と声がでます。sさんからも「よく出来ましたね(^^)v」とお褒めのことばをもらい満足の半日でした。

①玉ねぎの苗です。晩生を200本。
②赤玉ねぎの苗20本、思ったよりヒョロヒョロです。
③植える時に間隔の目安にする印をつけたロープ。
④15センチ間隔で15×4=60本の畝が3列、それに赤玉ねぎ用に小さい畝が一列できました。
⑤最後にもみ殻をまいています。
⑥母が日に干していたとうがらし
by alpona | 2009-11-19 12:27 | dekigoto
還暦同窓会PartⅡ


昨年は中学校の、そして今年は高校の時の仲間たちと同窓会で再会しました。節目の会ということで卒業以来初参加という人も多く、550人中120数名の参加者。 32年の月日が過ぎすっかり面影をかえた人もいてお互い名札を頼りに話しかけあい大いに盛り上がりました。
今回は特に、竹田の「食育ツーリズム」のグループの皆さんによる郷土料理、家庭料理30品目が通常の同窓会の料理とは別にバイキング形式で準備されて それがどれもとってもおいしく感激しました。

いつも思うのですが、実行委員さんたちの行き届いたお世話には心から 感謝 感謝 です。ありがとう!!
by alpona | 2009-10-11 23:12 | dekigoto